クレジットカードがあればお金も借りられる

お店で商品を購入したり、食事やエステサロンを楽しんだ後に会計で使えるのがクレジットカードです。現金を持っていなくても会計を済ませることができるのがメリットですが、実はクレジットカードでお金を借りることも可能です。


利用するにはキャッシング機能を付帯する必要があります。
クレジットカードを申し込む時に、キャッシング枠の有無を質問されることがありますが、この時に利用を希望する方にチェックを入れることで、申し込みが可能です。



キャッシングに申し込むと審査が行われます。

普通のカードの審査に加えて、年収を調べるために収入証明書の提出を求められる場合が多くなっています。


審査に通過して利用を許されると、カードが届いた時点からお金を借りられます。この機能のメリットはカードで支払いができない時に役立つことです。

結婚式のご祝儀や葬式の香典、お年玉を渡したいときなど、とにかく現金でなければ利用が困難な場合です。

カード払いができない、月々の料金の引き落としの際にも使えます。



カード会社の会員ページから振込で借りたり、提携ATMでカードを利用して現金で借りることが可能です。

借りる金額はカードが設定しているキャッシング枠の限度額までです。
中にはショッピングの利用分も含めて限度額が決まっているカードも存在します。


基本的にショッピング枠の方が多めの設定になっています。



ショッピングで使いすぎると、キャッシング枠が足りなくなる例があることを知っておくと便利です。