クレジットカードの家族カードの特徴

クレジットカードでは家族カードを発行することもできます。

カード会社によって対象となる範囲に差異がありますが、一般的に生計を共にする18歳以上の子供や両親、配偶者に対して発行できます。



カードの機能は本会員のカードと同じで買い物に利用したり、キャッシングすることもできます。

利用した料金は本会員の口座から引き落とされます。

また、カードの利用によるポイント付与も本会員に対して行われます。


家族カードを使えば代金の引き落としを1つにまとめられるので家計の管理がしやすくなります。

また、年会費が有料のカードでも家族カードは無料、または割引などになることが多く、会費の面でもメリットがあります。



クレジットカードを発行する際には審査が必要であり、家族カードに関しても審査はありますが、落ちることはほとんどありません。


支払いは本会員が行うため、審査対象は発行する家族ではなく本会員になります。


ここで、そもそも本会員に問題があればカードが利用停止になるので、利用できている状況では基本的に落ちません。
ただし、家族がそのカード会社に対して以前に返済の遅延や債務整理などを行ったことがある場合、記録が残っているので審査に落ちる可能性があります。



なお、家族カードの審査に落ちても本会員の信用情報に影響はなく、カードが利用停止になることもありません。
注意点として、クレジットカードの家族カードは本会員の利用しているブランドと同じものしか選べません。他のブランドを使いたい場合は新規契約が必要になります。